MENU
カテゴリー
絶対家づくりの後悔をしたくない人はこちら

【高性能・高気密住宅】反響音がすごいぞって話 7つの対策も紹介

エラ子

高気密住宅ゆえの弊害
それは

過去のエラ子

えー?
外の音も気にならん
ようになるって聞いたで?

エラ子

それな、うんうん
そこでや!
この記事を読んでほしいのはこんな人

  • 高性能住宅への憧れがある
  • 高気密住宅を検討中
  • 高気密住宅のデメリットが知りたい
  • 高気密住宅は本当にうるさいのか知りたい

この記事では住んでみなわからん
【音】について解説していくで!

目次

《高性能・高気密住宅》メリットの【防音性】ってどんな?

気密性が高く隙間が少ない、そして高断熱な壁。

どのくらい外の音が聞こえないのか?というと、雨が降っても気づかないくらいです。

1階はバイクや救急車両の音がほのか~に聞こえますが、3階では本当に静かです。

我が家は抜け道で夜中にトラックが通るような道に隣接しているのですが、建て替え前は車が通る音で夜目が覚めてしまうこともありました。

高性能住宅に建て替えてからは車が通る騒音で目が覚めることは一度もなくなりました。

これは本当にメリットです。

室内でピアノ教室をしたい!と思っている人もご近所に気にせずできるのでは?

と考えておられるかもしれません。

確かにご近所への音は漏れません。その点はご安心下さい。

だけどな
ピアノ教室とかしたい人は
この後も絶対読んでほしい!

《高性能・高気密住宅》デメリットの【防音性】どのくらい音が響くの?

防音性が高いことではメリットとデメリットの両側を持ち合わせています。

防音性が高い=家の音も漏れない

ゆえに、高性能住宅では家の中で発生した音の逃げ場がなく、室内に反響します。

これが反響音です。

これが防音性を作り出す気密性の高さから生まれる音です。

エラ子

入居したてはそらもう
生活音の大きさにビビッた

過去のエラ子

そんなに大きいの?

ほんま測定しとけばよかったと思うねんけど
…例えばな、
うちの寝室、くしゃみしたら体育館並に響くねん
(狭いのもあるけどw)

過去のエラ子

…音楽を楽しむにはいいかも?

エラ子

確かにある程度の音量あれば
スピーカー要らずかもw
他にもこんなことがあった

  • リビングの話し声が大きいと寝室まで聞こえる
  • テレビの音量が他の部屋にまで聞こえて迷惑
  • 家庭用ミキサーの機械音が轟音
  • ペットのセキセイインコがさえずりが大きすぎて癒されない
過去のエラ子

外は聞こえんけど中では大変なんやな

エラ子

そこでや!
後からでもできた
対策を紹介するで!

《有効な反響音対策7選》事前の4選 & 居住後の3選

音が反響するのは、室内が反響しやすい環境になっていることも要因です。

何もないシンプルな空間ほど、反響しやすい環境になります。

また、換気システムの空気の流れを考えた、壁で空間が遮断されない間取りも一因になります。

吹き抜けなどもそうですね。

でも大丈夫!

それらを改善するための対策は下記の通りです。

エラ子

家具をおくだけでも
多少改善はされるけど、
我が家では不十分やった…
反響音対策は必須やで

《高性能・高気密住宅》事前にできる音対策4選

  1. 防音の床、天井を採用する
  2. トイレや洗濯機など、音を生む電化製品を静かなものに変える
  3. 静かに過ごしたい部屋の壁に吸音効果を持たせる
  4. 傾斜天井にして音を拡散する
エラ子

上の対策は後では難しい
設計や引っ越し前から
準備する必要のある
音対策やで

※ ピアノ教室などをしたい方は、設計時点から提案しておきましょう。

ハウスメーカーからの提案だけではなく、自身で調べてみることをおすすめします!

防音の床、天井を採用する

ビニールクロスやフローリング材は音を反響しやすい建材です。

ビニールクロスを吸音の効果がある漆喰や塗り壁にしたり、吸音効果のある天井材を採用することで反響音を小さくすることができます。

天井材採用で得られる効果は商品にもよりますが5デシベルほどの吸音効果が得られます。

エラ子

5㏈(デシベル)
反響音が小さくなると
30%も小さくなったように
感じられるねんで

床に対しても防音重層の床や、床下地材を防音仕様にするなどの対策がとれます。

ただし、天井は壁とは違い重量のあるものを設置するのには不向きです。天井の負担にならないよう軽量なものを選択しましょう。

トイレや洗濯機など、音を生む電化製品を静かなものに変える

大きな音を出すものを静音仕様のものに変えることで音の反響を軽減することができます。

もし新居へ新しい家電を準備予定であったり、買い替えのタイミングで新しく新調する家電があるなら、音の大きさを比較して購入することも検討材料にしましょう。

静かに過ごしたい部屋の壁に吸音効果を持たせる

壁に吸音材を使用することで反響音を防ぎます。

さらに遮音材を取り入れることで外からの音を遮断し、室内の音を外へもらさない部屋にできます。

この吸音材と遮音材を併用することで、音を完全に遮断できます。

エラ子

ピアノの部屋の完成や♡

傾斜天井にして音を拡散する

向かい合った平行な壁同士だと音が何度も反射を繰り返し、反響音を助長します。

フラッターエコーという現象です。

フラッターエコーが起こりにくくするために、音の反射を乱反射させるイメージで壁を斜めにしたり、曲線にすることで反響音を軽減できます。

過去のエラ子

いろんな方法が
あるんやな!

エラ子

ハウスメーカーからの
提案だけでなく
自分でも探してみるのは
良い家づくりには必須やで

過去のエラ子

でも、どれもコストが
めっちゃかかるやつやな

コストがかけられない
年収400万円のエラ子が
実践した住んでからの
対策も紹介するで!

《高性能・高気密住宅》住んでからでもできる反響音対策

  1. カーテンを吸音性の高いものにする
  2. カーペットを敷く
  3. 壁に後付けできる吸音材の活用
エラ子

これはエラ子が子どものクレームを受けて
実際にやってみて改善できたお墨付きの対策や♪

① カーテンを吸音性の高いものにする

生地の凸凹に吸音効果があるので、カーテンはおすすめの反響音対策です。

はじめはカーテンをつけない窓も考えていたのですが、住んでみて反響音がすごいため結局カーテンを付ることにした経緯があります。

② カーペットを敷く

布は表面が凹凸で音を吸収する効果が高く、カーペットは足音の防音、防音・遮音効果もあり、さらに吸音効果もあることを日本カーペット工業組合が公表しています。

リビングに大きなカーペットを敷くことで、足音だけなくテレビの音の反響も兼ねることができます。

③ 壁に後付けできる吸音材の活用

壁にタイルのようなものを貼ることで、吸音効果を付属できるステキなアイテムです。

音が出る高さに設置することで効率よく吸音するので、音が発生する方向や高さを考慮して設置するとより効果的です。

高気密の住宅や在宅ワークで居室の環境を改善する必要があるなど、時代の流れも手伝ってデザイン性の高いものがどんどん開発されています。

エラ子

こどものゲームチャットの声が
外に漏れるのが嫌ってこれつけてん
だいぶん小さくなったで
でもさすがに熱中した時の叫び声は無理やw

過去のエラ子

小声でやればよくないか?
無理なのか?

エラ子

ちなみにエラ子が買った
アイテムは別記事で
紹介しているで↓

まとめ

  • 高性能住宅の気密性の高さゆえ、メリットにもデメリットにも『防音性』がある
  • 室内は雨が降ってても気づかないくらい静か
  • 室内の音は反響するから狭い部屋では体育館のごとし
  • 取れる対策は設計の段階からあるけど費用はかかる
  • 住んでからできる対策もある
エラ子

今現在一番うるさいのは…
インコの鳴き声やなw

過去のエラ子

ペットで言うと
犬種も吠えると大変かも

エラ子

はじめは自分の鳴き声で
びっくりするかも
最後まで読んでくれて
今日もありがとう♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてな!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次