MENU
カテゴリー
絶対家づくりの後悔をしたくない人はこちら

【建て得とは】太陽光発電システム設備費0円のメリット・デメリット

エラ子

太陽光発電システムは
採用したいけど
予算がなかったエラ子です

過去のエラ子

当記事では建て得で
太陽光発電システムを
設置したエラ子が
『建て得』について
ご説明します

エラ子

この記事を読んでほしいのはこんな人

  • 『建て得』について知りたい
  • 太陽光発電をつけたいけど予算がない
  • 無料で太陽光がつけられるって本当?
  • 注文住宅を検討している
  • ZEH住宅 ゼロエネルギーに興味がある
目次

《建て得とは》ZEH普及促進を目的としたサービス

住宅とZEHの文字
過去のエラ子

ZEH?
なんやいきなり横文字!
苦手やねんけど

エラ子

大丈夫!
絶対わかるように説明するで

ZEHはゼロエネルギーハウスの頭文字をとって『ゼッチ』と読みます。

ZEH基準住宅とは、①住宅の気密性や断熱性をあげることで省エネ性能の優れた住宅であること。

さらに②太陽光発電などで生活に必要なエネルギーを自家生産することで、一次消費エネルギーをゼロ以下にする住宅のことです。

※一次消費エネルギーは空調・給湯・照明・換気のことを指します。

ZEH住宅は今後住宅業界では当たり前になっていくことが予測されています。

エラ子

空調はエアコン
換気は換気システムを
含むで

ZEH仕様の住宅が標準仕様になるのは、近い未来と認識しておきましょう。

エラ子

ZEH基準でないと
資産価値が下がって
将来は家が売りにくくなると
考えて間違いないで

住宅の性能を上げるために必要なのはコストです。

予算がオーバーならあきらめなければなりませんが、《建て得》を活用することで実質0円で太陽光発電システムが導入できます。

正式な建て得のホームページでは詳細をご覧いただけますが、このブログでは施主目線でさらに深堀りしておりますので、最後までお読みいただいてからご検討ください。

過去のエラ子

ただほど怖いものはないはず

エラ子

もちろんいろんな制約が
あるからそこはビジネスや
逆に安心していいで

建て得にはもちろんただで0円にはさせない理由があります。

メリット・デメリットを見ていきましょう。

メリットデメリットの天秤と空

《建て得》メリット

  • 太陽光発電システムを初期投資を抑えて設置できる
  • 太陽が出ている時間の電気をおしげもなく使える
  • 電気料金が安いLIXILの電力プランが用意されている

メリットを見てもらえるとわかりますが、いずれもコストに関することばかりです。

エラ子

メリットは全部で3つ
説明していくで♪

太陽光発電システムを初期投資を抑えて設置できる

建て得を利用すると太陽光発電システム導入のための設備費が0円になります。

資金面が問題ない方ならいいのですが、太陽光発電システム導入のための借り入れでは住宅ローンとは別のローンを組む必要があります。

住宅ローンの頭金に入れるはずだった資金を太陽光発電を一括支払いした方もいらっしゃいます。

結果住宅ローンが圧迫され審査が通りにくくなる可能性もあります。

その点太陽光システムに初期投資せず、住宅ローンだけを気にすればいいというのは、建て得の最大のメリットではないでしょうか。

エラ子

エラ子の決め手は
初期投資0に尽きる


太陽が出ている時間の電気をおしげもなく使える

メリットに出すべきか迷いましたが、太陽が出ている間の電気代はかかりません。

太陽光発電システム導入=そらそうやろ と思われるかと思いますが、発電しすぎた電気(余剰電力)は普通売電という収入になるのですが、建て得の場合余剰電力は売れません。

LIXIL様に献上する契約です。

しかし、ここぞとばかりに日中に電気を使いまくることで、私腹を満たすというゲーム感覚は楽しいです。

エラ子

年末に予算を使い切ろうと
やたら道路工事が始まる感じ♡

過去のエラ子

謝れ


電気料金が安いLIXILの電力プランが用意されている

建て得を利用すると加入できる「建て得で得しやすいように工夫された電気料金プラン」に加入できます。

他電力会社も比較しましたが、結局加入させていただきたプランが一番相性がよかったので、お得なのは間違いないです。

スクロールできます
建て得ライフ
プレミアム
建て得ライフ
スタンダード
基本料金1契約につき最初の10kVAまで2,200円00銭2,200円00銭
蒸気をこえる1kVAにつき396円00銭396円00銭
電力量料金夜間1kWhにつき10円12銭10円12銭
昼間1kWhにつき23円59銭24円61銭
建て得バリューEの電気料金表
過去のエラ子

プレミアムとスタンダードの
違いが昼間約1円差

エラ子

エラ子はプレミアムです

《建て得》デメリット

頭を抱える女性

建て得のデメリットは下記の7つです。

  • 10年間売電(発電して利益になる電気)をもらえない
  • LIXIL製品の設備を選ばなければならない
  • 実は工事費はかかる
  • 予算があるなら自分でつけた方がお得な場合がある
  • 10年間蓄電池がつけられない
  • 10年以内の解約条件(一括返済)がある
  • 実は工事費はかかる

デメリットを知っておくことがどんなことにおいても家づくりでは重要です。

良いことばかりではありません。

人生と一緒です。

過去のエラ子

デメリット多くない?

エラ子

デメリットこそ最重要!
ひとつずつ説明していくで!

10年間売電(発電して利益になる電気)をもらえない

建て得では『売電を10年間譲渡すること』が設備費0円の条件のひとつです。

10年間は売電による利益は発生しません。


LIXIL製品の設備を選ばなければならない

所定の場所の設備をLIXILの製品で準備することが条件のひとつです。

キッチンまたはバスのどちらかはLIXIL製品を選ぶ。トイレ(複数個あればひとつだけでOK)やドア、サッシはLIXIL限定などの縛りがあります。

設備をLIXILにすればするほど電気代が安くなるなどの特典があります。

LIXIL製品はデザイン性も高く、性能も決して他と比較して劣るわけではありませんので、とくに設備にこだわりがない人であれば問題ありません。

しかし、どうしてもこだわりのキッチンメーカーがある場合などは建て得をおすすめできません。


実は工事費はかかる

現在のサービスでは工事費が40万円かかるようになりました。

以前はかからなかったようです。

設備は実質0円。でも工事費はかかると認識しておきましょう。


予算があるなら自分でつけた方がお得な場合がある

サービス内容に変更があり、以前かからなかった工事費の約40万円が費用としてかかります。

どれだけの量のパネルを設置しても金額がかわらないため、設置できるパネルは少ないほど損になります。

狭小住宅で屋根が小さく設置できるパネルが少ない場合は、自分で設置した方がお得になる可能性があります。

また、日当たりのいい土地やの日照時間の長い地域にお住いの方は、自分で設置するほうが売電収益でお得になる場合があります。


10年間蓄電池がつけられない

10年間LIXILへ売電を譲渡するため、10年間は蓄電池を設置することができません

しかし蓄電池については、2022年現在は蓄電池付プランも登場しています。

詳しくは建て得HPをご参照下さい。

エラ子

エラ子の契約時は
なかったプランです

過去のエラ子

ちょっと割高な印象

デメリットを踏まえて検討することは家づくりの重要な視点です。

建て得採用前に見て損なしの《3つの注意ポイント》をまとめた記事もご参照下さい。

まとめ

建て得は初期投資を少なくして太陽光発電システムを採用したい方を対象にしたサービスです。

他にも注意点なども判明したので別の記事で紹介しています。

自分に合った方法でエコな住宅を建てられるよう日々勉強、情報収集していきましょう!

  • ZEH基準の住宅が建てられる
  • 建て得は設備は0円、工事費が約40万円でパネル載せ放題
  • 売電収入を10年間譲渡しなければならない
  • キッチンなどの設備はLIXILにするなどの条件がある
  • 自分で設置した方がお得な家もある
エラ子

でもどうせ普通にお金
かかるんなら
環境に貢献できるものを
選びたい

過去のエラ子

最後まで読んでくれた
あなたのおかげで
更新がんばれます♡
ありがとうございます

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてな!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次