MENU
カテゴリー
\\ 家づくり情報収集の太鼓判! //
絶対家づくりの後悔をしたくない人はこちら

【LIXIL】SW(スーパーウォール)はダメ?工法体験談 ~秋編~

エラ子

我が家はSW工法で建てた
スーパーウォールの家です

過去のエラ子

おー!なんか強そう
ダメじゃなさそう!

こだわりで選んだというより、工務店側の提案で採用となりました。

LIXILの無料で太陽光がつけられる「建て得」を利用するためには、LIXIL製品の断熱材パネルを使用し、ZEH基準を満たす必要がありました。工務店側に建て得を提案されたという方が正しいです。

この記事では、スーパーウォール工法で建てた家に住んでみて、リアルに感じたことを素直に紹介します。

エラ子

この記事を読んでほしいのは
こんな人!

  • 高性能住宅を検討中
  • 注文住宅で家を建てる予定がある
  • LIXILファン
  • 工務店に建て得(SW工法)を勧められた
エラ子

この記事を読むと
スーパーウォール採用後の
我が家のイメージが
持てることをお約束するで!

目次
スポンサーリンク

SW(スーパーウォール)の家 売り文句に評価をつけてみた 秋編

下記1~6の説明は、カタログからそのまま抜粋した売り文句です。

  1. モノコック×5倍パネルの高耐震構造
  2. 夏涼しく、冬暖かい省エネの家
  3. 温度差が少なく、ヒートショックも安心
  4. 結露の発生を抑え、健康な住まい長持ち
  5. 計画換気システムでいつもキレイな空気
  6. 気になる騒音や生活音をシャットアウト

売り文句に対してSW(スーパーウォール)の家に住んでみて感じたことを証言します。

エラ子

入居して3ヶ月
8月中旬~11月中旬
主観的感想をどうぞ

1. モノコック×5倍パネルの高耐震構造

正直スーパーウォールのパネルの効果はよくわかりませんが、耐震等級は『3』です。

引っ越し翌日に地震があり、震度2でしたが3階はよく揺れました

耐震』なので、免震制震とは違うため、揺れるのは仕方ないですね。

過去のエラ子

え?耐震って揺れるん?!
ダメやん!

エラ子

と思った方は
下記の記事も参考にどうぞ

2. 夏涼しく、冬暖かい省エネの家

快適な住宅の室内

夏本番は3階の6畳用エアコン1台のみ 18~20℃でフル稼働(2021年)。

エアコンの周囲は冷え冷えです。

1台で1階まで冷房が届くようにするため、設定温度はかなり低めでないと効かない印象。

エラ子

これ設計ミスちゃう?
って思って工務店に聞いたら
補助的に1階や2階のエアコンも
つけてねってことでした

《追記》2022年は23~24℃でフル稼働。2台目も日中のみ活用し快適に過ごせました。一台では残念ながら暑かったです。

エアコンの近くに鳥かごを配置予定でしたが、インコが寒すぎて可哀そうなので即移動となりました。

今その場所にはルンバがいます。ちょっとダメやなと感じてます。

エラ子

正直初めから鳥かごを
置くっていってたのに
こんなに寒くなるなんて
設計ミスやろって思ってる

《追記》2022年も寒すぎて、残念ながら1.5畳ほどのペットスペースでしたが物置になりました

省エネという点では、エアコン常に1台(6畳用)稼働 + オール電化で、

電気代が最も多い時で19,000円でした。

家族に風呂好きがいるため、お風呂は昼間から沸かすことも。

省エネな分コストかけてるわけなので、しっかり省エネでいてくれないと困る!

《追記》電気代は2022年の高騰もあり、省エネ住宅でもオール電化は節電必須の状態です

3. 温度差が少なくヒートショックも安心

入浴後のタオルにくるまれるこども

8月、基本3階のみ18~20℃でエアコン6畳用1台フル稼働。

《2021年8月》

1階 22℃

2階 22~24℃

3階 24~27℃で昼間はちょい暑でした。ひとつの部屋を除いては…。

10~11月、エアコンほぼなし。つけても6畳用を1台25℃設定です。

11月に入って「足元冷えるわ~」と母親は話してましたが、

《2021年11月》

1階 20~22℃

2階 20~23℃

3階 21~24℃

さすがSW(スーパーウォール)の高気密・高断熱住宅!各部屋、床から天井の温度差は昔の古家と比較にならない快適さです。

エラ子

魔法瓶の家も
なっとくの快適さでした

4. 結露の発生を抑え、健康な住まい長持

冬が来たら窓の結露を観察予定です。

夏場の冷房でエアコンの結露はめっちゃ出ましたので、それはそれは無残なことになってました。

《追記》2022年エアコンの結露はやはり出ました。温度が局所で低くなっているのが原因ではないかと言われました。だって3階暑いんだもん。

エアコンからカビ発射してたと思われるので、健康な住まいはSWだけじゃダメだぞ♥との教訓を得ました。

5. 計画換気システムでいつもきれいな空気

とにかくにおいが籠りません。これは驚き。

常に換気システムにより強制換気されているからかな?と思っていましたが、キッチンの換気扇を回さないと食事のにおいは籠りました。

エラ子

2階のキッチンで
換気扇まわさず調理すると
3階にいてもすぐわかる

過去のエラ子

調理時の換気は必須やな

でも、お香やアロマの香りはほのかに残ってとても素敵°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ただ、そのために換気システムのフィルター掃除は絶対です。メーカーも、フィルターのメンテナンスは換気システムの効果を十分に発揮するために必須であり、エンドユーザーに託されていると説明しています。

我が家は第1種換気システムを採用しているため、メンテナンスが重要かつランニングコストもかかってしまいます。

エラ子

ちゃんとフィルター掃除
しないとダメ!

6. 気になる騒音や生活音をシャットアウト

以前は近所のテレビの音が聞こえるほど、ご近所丸ごとアットホームだったのですが、全く聞こえなくなりました。

子どもの大きな声も外まで漏れにくくなり、近所迷惑にならないので安心です。

が、先日姪っ子たちがそろった日。階段どかどか昇降音は、お隣さんに聞こえていたそうです。

隣人のお子さんが親御さんに間違われて注意されたそうで、申し訳なく思いました。

スーパーウォールでも音は振動、物をつたうほどの騒音はやっぱり聞こえてしまうみたいです。

エラ子

声とかは聞こえにくいけど
衝撃を伴う音は外に漏れる
イメージ

おまけ 住宅性能を一邸一邸確認し、性能報告書を発行してくれる

SWの性能報告書が届きます

頂きました!スーパーウォールの性能報告書です。

性能報告書の中には住宅性能についての記載があります

スーパーウォール工法による家の性能を検査し、その証書をいただくことができます。

我が家のデータは下記のとおりです。

温熱性能 熱損失係数 Q値 1.23W/(m2・K)

外皮性能 外皮平均熱貫流率 UA値 0.4W/(m2・K)

冷房機の平均日射熱取得率  AC値 1.1

気密性能 C値 0.30㎝2/m2

Q値、UA値は、住宅展示場や内覧会などでぜひ質問してほしい項目となります。頭に入れておいていただくことをおすすめします。

過去のエラ子

気密性の高い
高断熱住宅であることが
証明されたんやね

エラ子

1年間住んでみて
どうなのかご報告します

\\ あなたの家づくりの情報収集を応援します! //

まとめ

今回はスーパーウォール工法の家、秋から冬の感想をお伝えしました。

今家づくりを検討中の方が、選択される時の材料になればうれしいです。

エラ子の場合、建て得というLIXILのプランを割り安で使うために、LIXILの設備導入が必要でした。

LIXIL設備のひとつが今回ご紹介したスーパーウォール工法のパネルです。

建て得を利用するためには、他にもLIXIL製品を選択する必要がありました。

エラ子

我が家は
トイレ1か所
キッチンお風呂
LIXILから選んでって
内容でした

過去のエラ子

キッチンかお風呂か
どっちにしたん??

エラ子

お風呂はTOTOに
したかったから
消去法でキッチンにしたわ

過去のエラ子

消去法…

このブログを読んでくれているあなたが、素敵な家に出会えるための情報をお届けできればうれしいです。

SW工法(スーパーウォール)が気になる方はLIXILホームページをご参考に!

  • SWはコストは高いけど、エアコン1台で結構ほんとに快適で電気代も節約できる
  • ヒートショックが防げるかは本当に寒くなってから再検討
  • 健康を守るためのメンテナンスは家本体以外も必須 エアコンとかフィルターとか
  • 3ヶ月時点、SWは健康に過ごしたいご家族には勧めたい代物
エラ子

まずは1年間
四季の移り変わりごとに
追加していくで!

過去のエラ子

またみてくれたら
うれしいです

\\ あなたの家づくりの情報収集を応援します! //

令和に突入し家づくりはさらに難易度が上がっています。

後悔しない家づくりのために、情報収集は必要不可欠です。

  • 描いたイメージを間取りにしてほしい
  • 希望の間取りの費用はいくら?
  • わたしに合った土地ってどんな土地?

全部無料でわかるサービスがあります。

\\ これが無料は利用したもん勝ち!//

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてな!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次